活性酸素カテゴリの記事一覧

活性酸素ってなに?

活性酸素ってなに?

人間は60兆個ある1つ1つの細胞なかで栄養を分解し、それに酸素と反応させてエネルギーをつくりだしています。

身体の維持には欠かせない酸素ですが、呼吸した酸素の2%くらいが「活性酸素」になってしまいます。「活性酸素」が増えすぎると、例えば、細胞の周りにある脂質やコレステロールから電子を奪う行動に出ます。これが酸化です。

電子を奪われて酸化した脂質やコレステロールは、サビついた状態になり、それが動脈硬化を招き、さらに心筋梗塞といった病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素(かっせいさんそ)は、酸素が化学的に活性になったもので、非常に不安定で強い酸化力を持ちます。
活性酸素のうちスーパーオキシドアニオンラジカルおよび一重項酸素は、酸素原子のみできており、その分子構造は普通の酸素分子とそれほど大きく違わないが電子配置が異なっています。

本来、活性酸素のみならず、酸素は生物にとって極めて有毒でした。
酸素があると生存できない嫌気性単細胞生物が存在するのはこのためです。
これを進化の過程で、ミトコンドリアやその他反応回路で酸素のエネルギーを取り出し、副産物である活性酸素を酵素で分解することができる、好気性生物が出現しました。

酸素はそれまでに比べて遥かに高いエネルギー効率を有していたため好気性生物は活発に動き回り、劇的に進化をとげ、果てには人類にまで進化したといわれています。

活性酸素と人体の関係

活性酸素は激しいスポーツをする、煙草を吸う、紫外線、大気汚染、加齢、ストレス等で、日常生活のさまざまな場面で体内で発生しているといわれています。
また、肥満により増加するともいわれています。実際には、あらゆる好気性生物は呼吸によって酸素を消費する際に活性酸素を発生させていて、それを酵素により無毒化しているそうです。

活性酸素はがんや生活習慣病、老化等、さまざまな病気の原因であるといわれていて、遺伝子操作によって活性酸素を生じやすくした筋萎縮性側索硬化症のモデル動物も存在します。

この酵素では、無毒化しきれない残りの活性酸素を除去するには、
水素が有効とされています。水素が活性酸素と結びついて無害な水にしてくれるのです。

その水素を手軽に取れるのが「食べる水素」なのです。



毎日水素
スーパーエレメント 毎日水素ピュアカプセル【60粒入(カプセルタイプ)】★代引料・送料無料!
「毎日水素 ピュアカプセル【60粒入】」をお買上げの皆様へ!下記商品をプレゼント中です!!■カリカセラピ PS-501 サンプル2包カリカセラピ PS-501は、パパイアの原種カリカパパイア(学名)を主原料とし、日本伝統の酵母・酵素などでじっくり一年間醗酵、熟成、自然乾燥(バイオナチュラル製法)させた、さわやかな甘みのある美味しい食品です。「いつ会っても若いね?!」と言われるのは、食べる水素のおかげです。>>●毎日水素ピュアカプセル「毎日水素」は、マイナス水素イオンを吸蔵させたサンゴパウダーです。世界的に権威をもつ英国の化学誌「ネーチャー」に掲載された及川胤昭博士の長年の研究により、マイナス水...



食べる水素を安く買う方法


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。